エブリデイイングリッシュ 批判

エブリデイイングリッシュに対する批判

エブリデイイングッシュには一部の人から批判があるようです。代表的な意見としては

・聴くだけでは応用できないから意味がない
・聴くだけなら無料の教材で十分だ

といわれています。いろいろな考え方がありますが、ここでは当サイト管理人の考えを簡単に書いておきます。

聴くだけでは応用ができないから意味がない?

そもそも応用とはなんでしょうか?いろいろなシーンで臨機応変に対応できるようになることだとら、基本になるフレーズが定着していないと英語のやり取りはできません。エブリデイイングリッシュでは実践的な360のフレーズを繰り返し学習します。

そのくらいの会話のパターンがあれば日常のやり取りでは困りません。むしろ最初から応用を考えて「完璧」を求めてしまうからこそ途中で挫折してしまうのだと思います。英語に限りませんが応用力は基本が定着してから生まれるものです。

聴くだけなら無料の教材で十分だ?

確かに無料で英語を聴けるサイトはたくさんありますしNHKの英語番組もありますから、文字通り「聴くだけ」なら無料で十分です。しかし英語を身につけるという目的で考えたときには「どんな内容をどんな順番でどう聴くか?」が重要になります。

エブリデイイングリッシュの学習期間は6ヶ月(※初心者の場合)ですが、英語ができるようになりたいという人が漠然と興味があるテーマを選んでリスニングをしても同じように上達することは不可能でしょう。


ところでTOEFLスコアデータサマリー(2010年)によると日本人の英語力は北朝鮮よりも低くアジア最低レベルだったとニュースになりました。

エブリデイイングリッシュのような学習法は英語を教える立場にある人からも批判されることがありますが、今まで自分たちが英語を教えてきた結果がこのような状況であることを深く考えてもらいたいです。

もちろんエブリデイイングリッシュも全ての人に適した学習法ではありませんが、今までの勉強法で成果がでていないなら試してみる価値はあると思います。